森ノ宮電車区103系
  ( USJラッピング編成 / スパイダーマン号 ) 【最終更新日】
2012年05月13日

 JRゆめ咲き線(桜島線)USJシャトル輸送用のラッピング編成。クハ103−799+モハ103−504+モハ102−660+モハ103−781+モハ102−2038+クハ103−240の6連で組成されていたが、2012(平成24)年3月のダイヤ改正で編成が解かれ、中間車は『セサミストリート号』と『ウッディー・ウッドペッカー号』の8輌編成化に転用、先頭車は森ノ宮区に留置されている。
 以前は『アメリカの街並風景号』として運転され、現行のモハ103−781+モハ102−2038の代わりにモハ103−396+モハ102−552が組み込まれていたが、新アトラクション「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパーダーマン・ザ・ライド」の登場に併せて2004(平成16)年より現行デザインに改められた。客室窓やドア窓にもステッカーが貼られ、一段と派手な装いとなった。



▲広島地区でのお披露目を兼ねて、山陽本線瀬野〜広島〜岩国間の定期普通列車に充当された『スパイダーマン号』。突然現れた「普通じゃない普通列車」に乗客もビックリ (゚Д゚;≡;゚Д゚)

(撮影日:2004年02月28日)


▲ホームグラウンドのゆめ咲線(桜島線)を走る『スパイダーマン号』。USJシャトル用のラッピング編成のうち、『スパーダーマン号』だけが前後の先頭車の顔が異なる(西九条方=クハ103−799/高運転台、桜島方=クハ103−240/低運転台)。

(撮影日:2005年05月03日)


▲客室窓やドア窓にまで装飾が施され、痛車系のクハ103−799。通勤・通学で毎日乗る人にはちょっとカワイソかも (;´д`)

(撮影日:2004年02月28日)



▲セサミストリート号に組み込まれ、女性専用車になったモハ102−660。スパイダーマンが変質者のようで、なにやら怪しげな雰囲気が… (;´д`)

(撮影日:2012年05月04日)

▲メニューに戻る▲